住宅ローン借り換えは何年までできる?

住宅ローンの借り換えをすることで金利が下がると、その後の返済総額が下がり支払いが楽になるため、低金利状態が横ばいで続いている昨今、住宅ローンの借り換えを検討する方が次第に増えてきています。
しかし、住宅ローンの借り換えにも手数料や保証料がかかるため、金利がいくら低くなっても、必ず得をするというわけではありません。
具体的には、何年ぐらい、また、いくらぐらい残っていれば、住宅ローン借り換えが成功しやすいのでしょうか。
一般的に、住宅ローンの借り換えが成功する条件として、住宅ローン借り換えの金利差が1%以上あること、住宅ローンの返済期間が10年に以上残っていること、住宅ローンの返済総額が1000万円以上残っていること等が目安と言われています。
これらの条件をすべて満たしていなくとも、得をする場合もあるので、住宅ローン借り換えができるか不安な方は、無料相談等を利用し、詳しい人に調べてもらう方法もおすすめです。