カードローンの審査で通りやすいのは安定性の高い職種や業種?

カードローンの審査では、消費者金融会社も銀行も他社の借り入れ件数が少ないほど通りやすいと言えます。
件数の目安は3社ですが、各社独自の与信判断や規定などにより件数評価に差も出てきます。
また、収入基準もカードローンによってまちまちで、収入が安定している会社員は審査が通りやすい一方で、自営業者は審査の初期の段階で落ちる場合があります。
なかでも本人確認書類と共に提出する保険証の種別は重視されています。
国民保険よりも社会保険、公務員が加入している共済健康保険などが有利なのは客観的に安定した収入があることを示すものです。
また、職種や業種も重要な与信項目です。
景気に左右される職業や業種などは敬遠されることもあります。
会社員や公務員が有利なのは常に継続して収入があるため、融資する側も貸しやすい、裏を返せば必ず返済してくれるとみているからです。
貸し倒れのリスクを抑えるため信用情報機関の照会や社内基準があり、貸し出しの条件を明確にすることで属性を絞っています。
カードローンは個人事業主でも審査通りやすい?【即日借入れは可能?】