ETCカードを初めて作る時の作りやすさは違う?

ETCカードを挿入しっぱなしにしていたら盗難された、失くしてしまった場合、パニックになってしまうと思いますがそんな時こそ落ち着いてしかるべき場所に連絡をしましょう。

仮に失くしたという場合でも警察へ届け出をしてください。

警察に届け出したあとの対応はカードの発行元によって変わりETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

事務局へ連絡できる時間は曜日が限定されているので連絡する時間に気をつけてください。

クレカ会社発行の場合は発行元の会社への連絡になります。

カード会社によって若干対応の違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付のフリーダイヤルで連絡ができます。

大学生になったのを機に車の免許を取ったという方もいると思います。

夏休みや春休みに友達と遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を簡単に説明します。

カードの作り方としては大きく分けて2つになります。

クレカ会社から発行しているクレカタイプとネクスコなどの高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

基本的にはクレカタイプで入手することをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規申し込みと同時に申請できるので時間がかからず、すでにクレカを持っている場合は各カードのサイト上で追加申し込みで手続き完了なのに対しパーソナルカードでは発行時に最低4万円の保証料を預ける必要があります皆さんはETC カードの発行新鋭をする際にどういった部分を気にしてカードを申し込みましたか?クレカの新規申し込み時に同時に発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費を気にして作った方もいると思います。

ここではまだETCカードを作っていない方に向けて他の方が申し込んだときにどのポイントを見て申し込んだのかを調べてみました。

高速の利用頻度が少ない方は年会費や更新費無料のカード、利用頻度の多い方はポイント還元率を重視して選ぶようです。

年会費がかからないカードの中でも一部店舗でのポイント還元率が高くなっていることや自営業の方は業務用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

高速道路を走る時に便利なETCカードですがカードの選択肢が多くて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードをいくつか挙げておきます。

発行手数料、年会費どちらも無料となっているのがライフカードです。

ライフカードではさらにポイント還元率が誕生付きの場合、通常の3倍になる特典や対応している国際ブランドがVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのは日本人なら誰もが知っている楽天カードです。

クレカは年会費がかかりませんがETCの方は年会費がかかります。

年会費を機にする方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

知っているようで知らないルールってありませんか?一例としてETCの正しい使い方はどうでしょう。

NEXCOのwebサイトで正しい使い方の案内が載っていたので簡単にまとめてみました。

まず、ETCカードにはクレジットカード同様に有効期限があるので車に乗る前に確認しましょう。

車に乗ったら車載器にカードを挿れますがカードの向きが違う、しっかりと挿入されていないと状態では認識しません。

ETCレーンに入る際はレーンエラーなどで信号が赤になっていないかの確認と何かあったときにすぐ止まれる時速20km以下の速度で通行してください。

もしカードエラーなど何らかの理由で出口の開閉バーが開かないというアクシデントが発生した時は決して車を無理に動かさず、インターフォンで係員の指示に従うようにしましょう。

ここ数年でよく決まったオフィスを持たないノマドワーカーという言葉を聞くことが増えました。

中には独立して個人事業主や法人化して社長となって働く人も増えています。

特に独立したばかりの個人事業主の方は慣れない経理業務がとても面倒だと感じているそうです。

特に打ち合わせなどで移動する際の交通費は計上回数が多くなりがちで毎回領収書を出して月毎に保管、清算して・・・というのはかなり面倒です。

できれば屋号口座・法人口座からまとめて引き落として経費参入しておきたいですよね。

その場合、高速道路料金支払い時に使用するETCカードはどうしたらいいのでしょうか。

基本的な作り方は通常のクレジットカードと同じでクレジット機能付きの法人カード発行は設立・独立したばかりでは審査に通りにくいと言われており、しかし、ビジネス用クレジットカード発行は独立したばかりでは審査に通りにくいようです。

「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスを聞いたことがあります。

学生にクレカはまだ早いんじゃない?と感じる方もいると思いますが学生はクレカの審査基準が少し緩く設定されているので社会人になって審査が厳しくなる前に申し込みをしましょう。

また、審査基準が緩く設定されている以外にもポイント還元率のアップやある年齢まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車を利用される方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

作ったクレカをネットショッピングなどで利用・返済することでカード会社と個人信用情報機関にクレヒスが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

買い物などの様々な場面で付与されるポイントですがカード会社が発行しているETCカードで高速道路を利用するだけでもポイントが付与されるのを知っていますか?例を挙げると楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同じくポイントが付与されます。

付与率に関してはETCでもクレジットカードと同率で付与されるカードもありますが、基本的には付与率が減少していることが多いようです。

最近では少なくなっていますが、ポイント付与がないカードもあるようなので高速道路をよく利用する方はこういった特典から選ぶのもいいかもしれません。

高速道路の料金所で専用レーンを通過できて便利なETCカードですが少し疑問に思ったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機も存在します。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式車載器」の2種類があるようです。

一体式の良いところは、配線が少なく済むので見た目がスッキリすることや取り付けが比較的楽な面がありますが、正常に動作させるためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、駐車中に車載器を盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目も小さくなり、カードリーダーをシート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式車載器に比べ価格が高いことや配線が多くなるデメリットがあります。

車の免許を取って間もない方の中にはETCカードを持っていないから知人からカードを借りてくる。

という話をよく聞きます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードも問題なく利用はできますがETC制度とは違う面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、クレジットカードの利用規約に本人以外の利用禁止という文が載っているからです。

クレカの仕組みを簡単に説明すると名義人の買物支払い時にカード会社が一時的に利用料金を立て替え払いをして名義人の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払制度は名義人本人と会社の間でのみ信用が成り立っているから可能になっています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない第三者が利用しているのは厳密には規約違反となりカードが使えなくなる可能性を含んだ行為になります。

1、2年ほど前からキャンピングカーを借りて旅行するのが人気なようです。

キャンピングカーで旅行をするということは高速道路を利用しますよね?その際にETCカードの利用を考えると思いますがレンタカーでの利用は車載器に挿せば基本的に利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで利用履歴を見ようと思ったときのために事前準備をしましょう。

利用照会サービスでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC車載器の番号」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社へ連絡して聞いてください。

ETCカードの登録を自家用車などですでに行っている、もしくは1度登録したカードについてはその後も他の車で利用するときに登録は不要です。

ガソリンスタンドでは現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを申し込もうと思って調べていたところカードによってガソリン給油時に値引きやクレジットカード利用時の付帯ポイントが2倍になるなどの特典がつくお得なカードもあるようです。

例えば、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイント還元率が2倍になり貯まったポイントで支払いもできるそうなので仕事や通勤などでよく車を利用される方や高速道路を使う方は給油時の特典がついたカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

車で遠くに出かけるときに割引が適用されるなど便利なETCカードですが、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カード会社によってどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が気になるのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費について大まかに分類すると年間の利用額関係なく、年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費がかかるタイプがあります。

発行日が有料の場合、更新費も有料のカードが多い代わりにポイント還元率が高くなっているなど別の面で優遇されていることも多いです。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

現在、クレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか所持していないという方は基本的にクレカを作る必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている場合もあるのでその場合はそのまま発行手続きができます。

なぜ銀行のキャッシュカードで作れないかというとETCレーンを通過するときにデビット支払いのようにデビット支払いのように口座から即時引き落としにしてしまうと偶然口座にお金がない、新しく口座を作ってお金を移動してしまった場合にETC出口が通れなくなり立ち往生してしまうからです。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカに対する不安でETCカードだけ作りたいという方も多少はいると思います。

そんなETCは使いたいけどクレカはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードはデポジット(補償金)を預ければ誰でも作ることができますが様々なサイトで調べたところ平均4万円を目安にデポジットとして預け入れなければなりません。

そのため、補償金を預けることさえ可能ならばクレヒスに問題があるなど何らかの事情があってクレカを作れない方でも発行されます。

クレカを持っている方との大きな違いがこの点です。

他には、通常のETCカードよりも高額な年会費が必ず発生することです。

ETCカード初めて?作りやすさ比較!【初心者おすすめは?】